Created using Figma

デスティネーションについて

バリ島のアリラ・マンギスはカランガサン県内のチャンディダサ村落近くにあります。地元の人々は今でも昔ながらの生活様式を営み、農業や漁業、ダブルイカットで有名な織物業のほか、塩作りで有名です。アリラ・マンギスからは様々な散策ツアーが楽しめるほか、バリでもっとも重要なベサキ寺院の位置するアグン山や壮大な丘陵地の眺めが楽しめます。またテンガナンにある伝統的なバリアガ村落を見学するコース、ティルタガンガの水の宮殿、シデメンの織物の村、クルンクン県のケルタゴサ裁判所跡ほか、多くのバリ寺院を見学するツアーが楽しめます。マンギス東部の海では海洋生物が多くみられ、ダイビングスポットがたくさんあることでも知られています。


レジャーコンシュルジュ・トップアクティビティ

Amed
美しいオーシャンビューが広がる静かなアメッドは、バリでも有数のダイビングスポットとしてダイバーたちを魅了しています。どのスポットも透明度がたかく充実したダイビングが楽しめます。

Pura Besakih
ベサキ寺院(プラ・ベサキ)はバリヒンズー教の総本山として知られています。島でもっとも重要なこの寺院はアグン山の中腹に壮大な姿をたたえています。寺院の境内には20ヶ所もの小さな寺院や聖堂が3キロ以上も広がって位置しています。

Tenganan
テンガナンの村は、バリ島の村落のなかでももっとも静かで古風な村落です。厳しい独立規制がひかれたこの村は、バリの先住民バリアガの風習が100年以上もの間続いています。村落には高い塀が張り巡らされ、村人は外界の人間との婚姻は禁止されています。「グリンシン」と呼ばれる珍しいダブルイカットの織物の発祥地でもあり、どんな作品も仕上がるまでに4年の月日を要します。

Mount Agung
標高3,142メートル、アグン山はバリ島でもっとも高くどこからでもその姿を眺めることができます。ベサキ寺院を抱く聖なる山であると同時に、バリ人にとっては神々が宿る神聖なメル山の一部であると考えられ、神秘性を秘めたパワースポットとしても知られています。壮大なアグン山は一見の価値があります。

Tirta Gangga
ティルタガンガは「ガンジス川からの水」という意味をもち、バリヒンズー教徒にとっては聖地として崇められています。ティルタガンガは1946年にカランガサム王によって建てられた水の宮殿の名称ですが、現在ではすべての水の宮殿の総称としての意味ももちます。

East Bali beaches
チャンディダサ周辺のビーチはアメッドを代表に人気がたかく、年々注目を増しています。パダンバイから南海岸沿いにチャンディダサを東へ抜けていくと、美しいウォーターフロントに村落が続いています。パダンバイの左右の入り江(どちらも白砂ビーチ)にある村からの眺めは大変美しく、普段は観光客もまばらです。

より最適なコンテンツの表示と、広告、ウェブサイトトラフィックの分析の為cookiesを使用しています。  承認 閉じる.