Created using Figma

建築とインテリアデザイン


古代の要塞に影響を受け、地元で採石される石を用いる伝統的オーマン建築技法は現代の建築と融合し、プールから崖や山々の素晴らしい光景を見渡せるゆったりとしたスイートルームまで、ユニークなリラックス環境を創り出しています。


サステイナブル(持続可能)な未来にコミットしたこの壮大なニズワ・ホテルは、「LEED」(エネルギー及び環境デザインにおけるリーダーシップ)の原則に基づいて建設されており、この地域の環境と素晴らしい自然の美と調和するようデザインされています。


石で出来た外壁の中をのぞくと、リゾート独特のミニマリストスタイルの現れが同地域の民族的影響を反映する温かい色と融合しているのが見て取れます。銅製の飾りやバーラから来た有名な手製の陶磁器など正統なオーマン式デザインが内部を飾っています。


オーマンで最も人気のあるラグジュアリー・リゾートの一つとして有名なこのホテルの目玉としては、堅い木から造られた要塞のようなドア、この地域に咲くダマスク・ローズに影響を受けたロビーを飾る象徴的なバラ紋様、冬には山を歩き回って冷えたゲストの体を温めてくれるロビーにある大きな暖炉などがあります。また、リゾートの床にはオーマンの伝統的な灌漑システムを反映しているアフラジ水道システムも組み込まれています。

より最適なコンテンツの表示と、広告、ウェブサイトトラフィックの分析の為cookiesを使用しています。  承認 閉じる.